代表挨拶

「うちの子も夢中です。」野菜に興味を持っていただきありがとうございます。

大塚ファームでは生産者の子供も、消費者の子供も、みんなが笑顔になる野菜と食育事業で「子供たちの未来に貢献」することを理念として生産を行っております。

私は東京生まれ、東京育ちで32歳まで東京の会社に勤めていましたが、30歳の時に「男性不妊症」と診断され自然妊娠が難しいと医師より通告され、顕微授精に2回挑戦しましたが子供ができず、どうせ子供ができないのであれば世の中にいっぱいいる子供さんが”笑顔で夢中になる食べ物”を作り、「子供たちの未来に貢献」という理念で野菜を栽培することで社会貢献しようと考え、現在の大塚ファームを奥出雲町に開業いたしました。
大塚ファームの理念を体現する商品名とキャラクターとして「うちの子も夢中です。®」という商標と、「うちの子ちゃん」というキャラクターを作り、当事業所のブランドとして野菜に掲示していますが、ありがたいことに多くのお客様に親しまれるキャラクターに成長してくれています。

不思議なもので、自分で野菜を作り、食べていたのが良かったのか、医者から「自然妊娠が難しい」と言われていたにも関わらず、2014年の1月に子供に恵まれ、現在第二子もできました。この喜びをいつまでも忘れないように、「うちの子も夢中です。®」ブランドは食べてくれる世界中全てのお子さんを”笑顔”にし、”夢中”にする事を目標に生産を行っていきます。

これからも、一層のご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

株式会社うちの子も夢中です 代表取締役
大塚一貴
PAGE TOP